新到掛搭式(29年5月1日)

五月一日、平成二十八年秋、平成二十九年春上山二十名は新到掛搭式を迎えました。各々数ヶ月間の暫到期間(研修期間)を経て、この掛搭式をもって僧堂に自分の単(座席)が設けられ、長谷寺の正式な一員となります。
堂長老師と相見し、掛搭状(長谷寺の規則に身心を任せて行きますとのお誓い)を読み上げ、山内一同礼拝し、共に弁道増進して行くことを確認し合います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly